Campali & Orange

ちちんぷいぷい
------------------------------

(2003/12/10)


「ちちんぷいぷい」

これは転んだときのおまじないではない。

在阪局毎日放送のローカル番組である。

私は京都に引っ越して以来この番組のファンと言ってもいい。

月〜金の15:00から18:00まで放送されている

いわゆる奥さまターゲット番組だが

大学生の私はゆっくり、たっぷり見れるわけだ。

奥さま・・・とはいえ、ワイドショー的なものではなく

どちらかといえばニュース&情報番組と言った方がいい。

扱う話は、笑えるようなちょっとした事件から

政治的な問題までと広いが、

どの事件についてもわかりやすく問題点を提示し、説明してくれている。

この番組ほど万人に事件・問題について興味をわかせ、

理解させてくれる番組はないと思うのである。

更に角淳一メインキャスターを中心としたレギュラーメンバーが

視聴者と同じ目線で問題について考察し、率直な意見を述べてくれることが

「わかりやすさ」を提供してくれているのだろう。


この番組で紹介される地域情報は地域性を感じ、

温かみを与えてくれるものが多いように思う。

私鉄の各駅に出かけ地元の人たちと触れ合う「私鉄沿線」

関西のハイキングスポットを訪れる「ハイキングアワー」

活躍する女社長を紹介する「いよっ!女社長」

大変だったことをインタビュー「大変でしたなぁ」

滝や名所から生中継ですばらしい風景を届けるコーナー。

番組最後には注目の人を先取りの人気コーナー「今日のダレ?」などなど。

これ以外にもおもしろいコーナーがたくさんあるが

どのコーナーも親しみやすさを感じられるコーナーばかりだ。


関西の番組に総じて言えることだが関西の番組は関西弁満載である。

アナウンサーも関西弁を使う。

しかしこの番組に至ってはそれだけではとどまらず

情報をわかりやすく伝えるためのヴィジョンに書かれた

文章にまでも大阪弁やシャレが投入されているのである。

大阪弁1番じゃ、の大阪人が親しみをわかさずして誰がわかすだろうか。


ほかの番組と違うのは「せわしなさがみえない」点である。

(念のため言っておくが、ダラダラしているという意味ではない。)

ひとつのことを時には考え、時には喜び、笑い、驚ける時間が

絶妙な時間用意されているのだ。


マスコットキャラクターは可愛く

毎日放送1Fのショップのぷいぷいグッズは人気商品だ。

ジングルの

「♪てててってってっててててててっぷいぷい〜」

というメロディも、和やかな気分にしてくれる。

お魚好きの番組ディレクターが水槽を前にして

「お魚らぶ(*´▽`*)」を醸し出しながら

熱弁するなんて光景はほかの番組で見かけるものではない。

3時間の中に笑いと暖かさが溢れたちちんぷいぷいの真髄は

「和み」 である。

・・・と思う。


今回紹介したちちんぷいぷい参照URL
-------------------------------------------

ちちんぷいぷい
http://mbs.jp/puipu/


SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー